東京五輪代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権第4日は6日、五輪会場の東京アクアティクスセンターで行われ、男子200mバタフライは19歳の本多灯が1分54秒88で2連覇し、初の五輪代表入りを決めた。瀬戸大也は1分55秒20で2位に入り、個人メドレー2種目と合わせ、3種目で代表となった。

 女子200m個人メドレーは寺村美穂が2分9秒55で2連覇し、2大会連続の代表入り。大橋悠依は0秒12差の2位で400m個人メドレーに続き代表切符を手にした。

 女子200m自由形は五十嵐千尋が1分57秒47で1位となり、800mリレーの選考基準を満たし2大会続けて代表に入った。