ボクシングの「亀田3兄弟」の三男で、元世界2階級覇者の亀田和毅が6日、長兄の興毅氏が会長を務める大阪市の所属ジム「3150ファイトクラブ」で復帰戦に向けた練習を公開した。シャドーボクシングなどで機敏なフットワークや切れのある動きを見せ「コロナ禍で試合ができることに感謝。前回から進化した和毅を見せたい」と意欲を燃やした。

 5月5日に大阪市のエディオンアリーナ大阪での興行で、三宅寛典と契約体重56・5キロで8回戦を闘う予定。2019年7月に暫定王者として臨んだ世界ボクシング評議会(WBC)スーパーバンタム級王座統一戦に判定で敗れて以来の試合となる。