JR東日本の深沢祐二社長は6日の定例会見で、2020年度の鉄道営業収入(推計値)が新型コロナウイルス感染拡大前の18年度に比べ49・4%減と、ほぼ半減したと発表した。深沢氏は「過去最大の落ち込みだ」と述べた。

 観光や買い物などで鉄道を利用する「普通収入」が57・2%減、通勤・通学などの定期は27・7%減だった。新幹線や特急など中長距離が71・4%減と、近距離に比べ落ち込みが目立った。

 深沢氏は20年度中に約1900億円の固定費削減に取り組んだと明らかにし「21年度はしっかり黒字化できる道筋をつけたい」と話した。