不適切な手順で医薬品を製造したとして、富山県から業務停止命令を受けた大手ジェネリック医薬品(後発薬)メーカー「日医工」(富山市)は6日、主力の富山第一工場(同県滑川市)での製造業務を再開したと発表した。命令の期間は5日までだった。

 同社によると、第一工場以外での製造や出荷は既に再開しており、全業務が順次通常に戻る。同社は「法令や薬事規制を守り、再発防止や品質改善に取り組む。全力で信頼回復に努める」とのコメントを出した。

 第一工場では2011年ごろから、国の承認外の不適切な手順で製造、出荷していた。