菅義偉首相は6日、東京都内の病院で新型コロナウイルスワクチンを接種した。3月16日に続き2回目となる。米ワシントンで16日に予定しているバイデン大統領との対面会談に向けた訪米準備の一環。官邸関係者は接種直後の首相の体調について「問題ない」としている。

 日米両政府は首脳会談に際し、コロナ感染対策を万全にすることで一致している。日本側は、首相と同行者全員が米ファイザー製のワクチンを2回、3週間の間隔で接種するとしている。