【ニューヨーク共同】米大リーグ、レンジャーズは5日、アーリントンのグローブライフ・フィールドでの今季本拠地初戦となるブルージェイズ戦を、観客数を制限せずに開催した。AP通信によると、新型コロナウイルス感染が拡大した昨春以降、主な米プロスポーツでは初めてという。

 満員には2千人ほど届かなかったものの、3万8238人の観衆が集まった。試合前の選手紹介では大きな声援が送られ、本塁打のボールにファンが群がるなど、日常だった光景が戻った。マスクを着用していない観客も。有原航平投手が所属するレンジャーズのウッドワード監督は「試合前からエネルギーを感じた」と語った。