AP通信は5日、脚本家の橋田寿賀子さんが死去したことについて、代表作のNHK連続テレビ小説「おしん」は世界60カ国以上で放映され、称賛されてきたと東京発で伝えた。

 家族ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」は長寿シリーズで計500話以上になったとして実績をたたえた。安楽死を扱った著書もあり、故人の遺志から葬儀は行われないことにも言及した。(共同)