東都大学野球リーグ第2週第1日は5日、神宮球場で1回戦が行われ、中大が昨秋優勝の亜大を6―3で破って開幕3連勝とした。亜大は1勝2敗。1部復帰の青学大は立正大に4―3で競り勝って2勝1敗。立正大は3戦3敗。国学院大は駒大を3―0で下して2勝1敗で、駒大は初戦黒星となった。

 中大は1―3の八回に代打高橋隆の勝ち越し3点本塁打などで一挙5点を奪った。青学大は八回に1年生の佐々木の2点本塁打で勝ち越した。国学院大の池内は八回途中まで3安打に抑えてリーグ戦初勝利。