政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は5日の参院決算委員会で、感染力が強い変異株の広がりを踏まえ、対策を徹底する必要があるとの認識を示した。無症状者へのモニタリング検査のほか、医療提供体制について「各地域で限界まで強化するのが大切だ」と述べた。菅義偉首相は「まん延防止等重点措置」適用地域に関し飲食店の見回りが重要だとの認識を示した。

 首相は「感染対策に奇策はない」と強調。飲食店に関し、アクリル板設置状況の立ち入り点検や、感染防止対策の認証制度も必要だと言及した。