【ソウル共同】韓国の電機大手、LG電子は5日、スマートフォンを含む携帯電話の事業から撤退する方針を決めたと発表した。業界の競争激化により、販売不振が続いていたことが理由としている。

 韓国メディアによると、1995年に携帯電話事業に本格参入した後、一時は世界シェア3位にまで成長した。だが、2015年以降は販売が落ち込み、携帯事業の累積赤字は5兆ウォン(約4900億円)規模に達しているという。

 LG電子によると、7月末で生産と販売を終了し、既存の購入者へのアフターサービスは継続する方針。携帯事業の従業員は別の部門や系列会社に割り当てて雇用を維持する計画。