新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ「まん延防止等重点措置」が5日、宮城、大阪、兵庫3府県の6市で始まった。飲食の場を通じた感染拡大の防止策が軸。居酒屋では店でのマスク着用を呼び掛け「客も店も意識を持って」と感染対策に臨む。

 措置の対象は仙台市、大阪市と兵庫県の神戸、尼崎、西宮、芦屋の4市で、期間は5月5日まで。3府県は飲食店に午後8時までの時短営業やアクリル板設置などを要請する。実施状況を確認する見回りも強化する。

 4月5日朝、大阪市の繁華街・梅田周辺の飲食店では、食事中も会話時はマスクをする「マスク会食」を促す貼り紙が見られた。