茨城県警石岡署は4日、交通トラブルから前に立ちふさがった女性(30)に向けて車を発進させ、ボンネットに乗せたまま約960メートル走行したとして、殺人未遂の疑いで同県笠間市の住職田代貫章容疑者(78)を逮捕した。女性はしがみついて難を逃れ、けがはなかった。

 逮捕容疑は4日午後0時半ごろ、笠間市の国道355号で、歯科衛生士の女性をボンネットに乗せたまま急停止や蛇行を繰り返し殺害しようとした疑い。

 同署によると、高速道路上でトラブルになったとみられる。事件前に、女性が乗っていた車の運転手から110番があった。