政府は、短距離での離陸や垂直着陸が可能な最新鋭ステルス戦闘機F35Bについて、航空自衛隊新田原基地(宮崎県新富町)に配備する方向で調整に入った。早ければ2024年の運用を目指し、戦闘機部隊を新設する。複数の政府関係者が4日、明らかにした。中国の海洋進出を見据え、沖縄県・尖閣諸島を含む南西方面の離島防衛を強化するのが狙い。ただ、地元自治体との受け入れを巡る協議が難航する可能性もある。

 新田原基地の配備が実現すれば、F35Bの自衛隊基地への初配備となる。将来的に事実上空母化する海上自衛隊の護衛艦「かが」や「いずも」の艦上での一体運用も想定する。