阪神は1―1の六回に今季初先発の陽川が適時打を放って勝ち越した。七回も糸原の右前打で加点した。ガンケルが6回1/3を1失点で2勝目。小笠原が六回途中まで2失点と試合をつくった中日は、3安打で1点と打線が低調だった。