菅義偉首相は4日のフジテレビ番組で、16日に予定している米国のバイデン大統領との首脳会談や、バイデン氏が主催する今月下旬の気候変動問題の首脳会合に関し、米国とともに気候変動問題の議論を主導していきたいとの考えを強調した。新型コロナウイルス対策では、自治体側から「まん延防止等重点措置」の要請があれば速やかに適用を検討する意向を表明。「具体的にどこということではなく、必要であればちゅうちょなくと思っている」と述べた。

 台湾問題について「日米で連携し、抑止力を維持する中で平和的に台湾・中国で解決できる環境をつくっていくことが大事だ」と指摘した。