東京五輪の聖火リレーは4日、岐阜県の2日目を実施した。日本三名泉の一つ、下呂温泉がある下呂市を出発。第1走者を務めた義足のダンサー大前光市さん(41)は走行後「聖火は希望の光。自分も踊りを通じて希望の力を伝えたい」と語った。

 同市では、世界文化遺産の白川郷(白川村)から移築した合掌造り家屋が並ぶ下呂温泉合掌村などを通過した。

 大前さんは岐阜県出身。2016年リオデジャネイロ・パラリンピック閉会式で独創的な踊りを披露した。

 ホッケーの聖地として知られる各務原市では、女子日本代表「さくらジャパン」候補の10人が交代でトーチを掲げた。