【サンパウロ共同】アルゼンチンのフェルナンデス大統領は3日、発熱などの症状があったため2日に新型コロナウイルスの抗原検査をした結果、陽性だったと自身のツイッターで明らかにした。PCR検査の結果を待っているという。フェルナンデス氏は1月以降、ロシア製ワクチン「スプートニクV」を2回接種していた。

 フェルナンデス氏は37・3度の熱と軽い頭痛がしたため検査を受けたと明らかにした。隔離に入っており、心身共に「元気だ」という。2日が62歳の誕生日だったフェルナンデス氏は「このニュースなしでこの日を終えたかった」とも述べ、国民に「気を付けよう」と呼び掛けた。