菅義偉首相は30日、新型コロナウイルス感染状況の高止まりを受け、大型連休中の外出や移動の自粛を呼び掛けた。「不要不急(の外出)、行楽、帰省を控えていただきたい。国民の皆さんに心からお願い申し上げる」と述べた。緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の対象の追加には慎重姿勢を示した。官邸で記者団の質問に答えた。

 飲食店などへの休業や営業時間短縮要請について「感染者数の高止まりが続いている。引き続き、酒類の提供停止、人流を抑える対策が必要だ」と強調した。