茂木敏充外相は30日午前(日本時間同日夕)、スロベニアの首都リュブリャナでロガル外相と会談し、日本が推進する「自由で開かれたインド太平洋」構想の実現に向けて連携を図る方針で一致した。スロベニアは今年下半期の欧州連合(EU)議長国を務める。茂木氏は、インド太平洋地域へ関心を強めるEUの姿勢に歓迎の意向を表明した。

 EUは、インド太平洋地域に関する戦略を初めて策定することで4月中旬に合意している。茂木氏は会談後の共同記者発表でこの動きに触れ、戦略策定に向けて「日本はスロベニアと緊密に連携していく」と述べた。