米バイオテクノロジー企業モデルナは29日、新型コロナウイルスワクチンの来年の生産量を最大30億回分に増やすことを目指し、新たな設備投資を行うと発表した。免疫の維持には追加接種が必要になる可能性があり、同社は世界で高い需要が続くと判断した。

 発表によると、今年の生産量も8億回分~10億回分に増やす。ワクチンの保管期間についてもこれまでは2~8度で最長1カ月としていたが、新たなデータでは最長3カ月まで可能とした。

 モデルナ製は一般的な医療用冷凍庫で対応可能な零下20度の温度で長期保管でき、米ファイザー製より扱いやすいとされる。