フィギュアスケートで2018年平昌冬季五輪男子銀メダルの宇野昌磨や18年世界選手権女子2位の樋口新葉が30日、横浜市で行われたアイスショーのリハーサルに臨み、来季の北京五輪シーズンで使うフリーの演目を披露した。

 宇野は「ボレロ」で滑り「やりたいことはたくさんある。毎日、目の前のことを頑張りたい」と意気込み、ショートプログラム(SP)については今季のエキシビション曲を用いる可能性も示唆した。樋口は「ライオンキング」を演じ、勝負のシーズンに向け「本番に弱いところがある。小さい大会にもなるべくエントリーして試合慣れをしていきたい」と語った。