神奈川県箱根町の芦ノ湖畔に広がる「山のホテル」の庭園で、ツツジが早くも咲き始めている。初夏を思わせる陽気となった30日、観光客らが色鮮やかな花を楽しんだ。昨年は新型コロナウイルスの影響で休園。ホテルの担当者は「今年はマスク着用や手の消毒など、万全な対策で来園者を迎えたい」と話している。

 庭園には赤、白、ピンクなど約3千株のツツジが植えられている。ホテルによると、今年は春先に気温が高い日が続いたため、例年より10日ほど開花が早く、大型連休中には見頃を迎えるという。

 横浜市の60代の夫婦は「富士山も見られて、最高のロケーションです」と感嘆の声を上げていた。