日本ゴールボール協会は30日、東京パラリンピック代表内定選手の入れ替えを発表し、女子で5大会連続出場を狙った小宮正江(アソウ・ヒューマニーセンター)が外れ、萩原紀佳(国立障害者リハビリテーションセンター)が入った。初出場の男子は信沢用秀(フコクしんらい生命保険)の代わりに川嶋悠太(アシックス)が選ばれた。

 日本代表の市川喬一総監督は、2012年ロンドン大会優勝メンバーで45歳の小宮の落選を「故障がちで、体力的な落ち込みもあった」と説明。力強いボールを投げる20歳の萩原に「攻撃力は世界でも十分に戦える」と期待をかけた。