政府は菅義偉首相が表明した7月中の高齢者への新型コロナウイルスワクチン接種完了に向け、全市区町村ごとに配送する量を30日、明らかにする方針を固めた。政府関係者が明らかにした。河野太郎行政改革担当相は昼のTBS番組で「きょう発表する」と表明した。午後の記者会見で正式に公表する見通しだ。

 関係者によると、ワクチンの配送量や日程が見通せないとして、高齢者接種を7月末までに終える計画を策定できていない市区町村が現時点で千を超えている。配送量を具体的に示すことで自治体に計画の策定を促し、迅速な接種につなげる狙いがある。