大阪府大東市のマンションの一室で住人の大学4年吉岡桃七さん(21)が殺害された事件で、府警は30日、直後に火災があった真下の部屋で倒れているのが見つかり、搬送先で死亡したのは、この部屋に住むビルメンテナンス会社社員の男(48)と確認したと発表した。事件当時、吉岡さんはパジャマ姿で、寝込みを襲われたとみられることも分かった。

 捜査関係者によると、3階と2階にある2人の部屋のベランダには、はしごが掛かっていた。はしごを下りる人物の目撃情報と男の服装が似ており、府警は男が殺害に関与したとみて、2人の間のトラブルの有無などを捜査している。