【ワシントン共同】バイデン米大統領は政権発足100日となった29日、ジル夫人と共に南部ジョージア州ダルースでドライブイン形式の集会を開いた。同州では共和党優位が続いていたが、昨年の大統領選で民主党のバイデン氏が勝利。その後、共和党が投票権を事実上制限する法律を成立させており、来年の中間選挙などに向け、てこ入れする狙いがある。

 バイデン氏のジョージア入りは、アジア系女性ら計8人が死亡する連続銃撃事件が起きた3月以来で、就任後2度目。

 バイデン氏は集会で演説し、100日間で新型コロナウイルスワクチンの普及を「大幅に拡大した」と成果を強調した。