厚生労働省が30日発表した2020年度平均の有効求人倍率は、前年度比0・45ポイント低下の1・10倍だった。オイルショックの影響が続いた1974年度のマイナス0・76ポイント以来、46年ぶりの下落幅となった。下落幅は、リーマン・ショック後の09年度(0・32ポイント低下)を超え、統計を取り始めた1963年以降、2番目の大きさ。

 新型コロナウイルス感染拡大で初の緊急事態宣言が発令された昨年4月から今年3月までの調査となるため、コロナ禍による雇用情勢の急激な悪化を顕著に反映した形だ。