米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンを積んだ日航機が30日午前、ベルギーから関西空港に到着した。5月中の承認が見込まれ、政府は東京と大阪に設置を検討する大規模接種センターでの使用を想定している。田村憲久厚生労働相は同日の記者会見で「(モデルナの)第1便が着いた。承認されたらすぐ接種態勢に入る」と述べた。

 既に国内で接種が始まっている米ファイザー製は成田空港に順次到着しているが、関空でのワクチン受け入れは初めて。

 モデルナ製ワクチンは零下20度前後で保管が可能とされ、零下75度前後の超低温冷凍庫が必要なファイザー製より扱いやすいとされる。