【ニューヨーク共同】米巨大IT5社の2021年1~3月期決算が29日出そろい、グーグルの持ち株会社アルファベット、アップル、フェイスブック、アマゾン・コム、マイクロソフトの全社が前年同期比で大幅増益となった。純利益の合計は746億2100万ドル(約8兆1千億円)。新型コロナウイルスの影響で社会のデジタル化が進みインターネットサービスへの需要が増加、昨年に続き大きく成長した。

 アマゾンとアルファベットが四半期ベースの過去最高益を更新。アマゾンの純利益は3・2倍、アルファベットは2・6倍。

 アップルは、純利益が2・1倍、マイクロソフトは44%増。