【ワシントン共同】ジャンピエール米大統領副報道官は29日、アフガニスタン駐留米軍が撤退を開始したと明らかにした。駐留の契機となった米中枢同時テロから20年となる9月11日までに完全撤退し、「米史上最長の戦争」の終結を目指す。アフガン反政府武装勢力タリバンの攻勢激化による治安悪化も懸念されており、予定通り進められるかどうかが焦点となる。

 撤退を始めた部隊規模は100人未満で、主に空路で移動した。タリバンは、トランプ前米政権と結んだ和平合意通りに4月末までの完全撤退を求め、5月1日以降も駐留が続いた場合には攻撃すると警告している。