【ワシントン共同】米食品医薬品局(FDA)は29日、メンソールの紙巻きたばこと、風味付きの葉巻の製造や流通、販売を禁止する方針を発表した。1年以内に、製品の基準案をまとめるとしている。メンソールたばこは通常のたばこに比べ依存が生じやすく、禁煙が難しいなどの調査結果がある。

 米メディアは、米国の紙巻きたばこ市場でメンソールは3分の1以上を占めており、たばこ産業の反発や訴訟も予想されるため、実現までには時間がかかると報じている。

 FDAは、メンソールたばこを吸う喫煙者の割合は、黒人や貧困層など特定の層に偏りがちだとして「健康格差を解消する」とした。