大阪市は3日、高齢施設課の男女9人の職員が3月26日夜に焼き肉店で課長の送別会を開催し、うち男性2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。また同じ日に、河川・渡船管理事務所と津守工営所の男性職員計5人も堺市の居酒屋で会食し、うち3人が陽性になったと明らかにした。大阪市は市民に向け、会食の参加者は4人以内にするよう呼び掛けていた。

 市によると、高齢施設課の送別会は午後6時から約2時間半開かれ、9人が二つのテーブルに分かれて着席。高齢施設課の担当者は「テーブル間の行き来はなく、問題ないと思った。開催すべきではなかった」と話した。