【北京、ソウル共同】中国の王毅国務委員兼外相と韓国の鄭義溶外相が3日、中国福建省アモイで会談した。韓国外務省は終了後、会談で両外相が「朝鮮半島の非核化実現と恒久的な平和定着という目標を双方が共有している」との点で一致したと発表した。両国の外務、国防当局間の交流も進めるとしている。

 日本と米国、韓国が2日に米国で安全保障担当の高官協議を開き、北朝鮮の核・弾道ミサイル開発への懸念を共有した直後の会談で、中国側には米国をけん制する狙いがあるとみられる。

 会談冒頭、王氏は「対話方式による朝鮮半島問題の政治的な解決」を韓国側と進めると述べた。