豚やイノシシの家畜伝染病、豚熱(CSF)への感染が確認された野生イノシシが、2018年9月から2年半の間に24都府県で計3238頭見つかったことが農林水産省への取材で3日、分かった。イノシシが運ぶウイルスは車や野生動物の出入りを介して飼育豚に感染する可能性がある。農水省は陽性数の増加傾向に警戒を強め、野生動物の侵入防止など衛生管理の徹底を求めている。

 豚熱は18年9月に国内では26年ぶりに岐阜県の養豚場で確認されて以降、昨年12月に山形県、今年1月に和歌山県、3月末には奈良県で見つかるなど12県の養豚場で発生。拡大阻止へ野生イノシシ対策が重要となる。