東京五輪の聖火リレーは3日午後も岐阜県で続き、同県にゆかりのあるランナーが人気の観光地、郡上市などを駆け抜けた。

 郡上市では、郡上八幡城の城下町を継走。岐阜県図書館(岐阜市)の名誉館長を務める俳優紺野美沙子さん(60)は、沿道の「頑張って!」の声援に「ありがとう」と手を振って応えた。自身の走りを「100点」と評価し、「新型コロナウイルス下でも五輪を成し遂げてほしい」と語った。

 高山市では国指定史跡「高山陣屋」の前を、お笑いコンビ「流れ星」のちゅうえいさん(42)=下呂市出身=が走る。

 岐阜県のリレーは4日まで続く。