巨人は0―2の八回、坂本の適時二塁打で1点差とし、九回2死一塁で代打若林の適時二塁打で追い付いた。ヤクルトは一回に村上の2試合連続本塁打となる4号2ランで先制しながら、追加点を奪えず逃げ切れなかった。