柔道の世界選手権(6月・ブダペスト)代表最終選考会を兼ねた全日本選抜体重別選手権第1日は3日、福岡国際センターで女子7階級が行われ、48キロ級は52キロ級で2018年から2連覇の実績をもつ角田夏実が初優勝した。決勝で古賀若菜から腕ひしぎ十字固めで一本勝ちした。

 78キロ超級は昨年の全日本女子選手権を初制覇した冨田若春が決勝で高橋瑠璃から反則勝ちを収め、初の頂点に立った。

 70キロ級の新添左季、63キロ級の鍋倉那美、57キロ級の舟久保遥香、52キロ級の坪根菜々子も初優勝。78キロ級は高山莉加が2018年以来2度目の制覇を果たした。

 東京五輪代表は不参加。