米男子ゴルフのテキサス・オープンは2日、テキサス州サンアントニオのTPCサンアントニオ(パー72)で第2ラウンドが行われ、4位で出た松山英樹は2バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの74と落とし通算3アンダー、141で14位に後退した。

 キャメロン・トリンゲール(米国)が2位から69と伸ばし、通算9アンダーで首位。小平智は77と崩れ、9オーバーで予選落ちした。(共同)