【ワシントン共同】米国のサキ大統領報道官は2日、ホワイトハウスで記者会見し、16日にワシントンで日米首脳会談を行うと確認した上で、バイデン大統領にとって菅義偉首相が対面で会う最初の外国首脳になると述べた。サキ氏は「日本との2国間関係、日本の人々との友情の重要性を示すものだ」と強調した。

 当初は9日の会談日程を検討していたが、1週間先送りした。新型コロナウイルス対応が影響したとみられるが、サキ氏は詳細には言及しなかった。

 バイデン氏は1月の就任後、新型コロナ感染防止のため首脳会談をオンラインや電話での実施に限定している。