愛知県警東署は29日、プロ野球観戦中に他の観客と適切な距離を取るよう注意されたことに立腹し、警備員を突き飛ばすなどしたとして暴行の疑いで、津市の男性会社員(29)を現行犯逮捕した。「そのようなことはしていない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は29日午後3時20分ごろ、名古屋市東区のバンテリンドームナゴヤ内の通路で、男性警備員(21)の背後から首付近を手で押し、振り返った警備員の両胸を突き飛ばすなどした疑い。

 署によると、男性会社員は計6人で中日対阪神戦を観戦。固まって応援していたため、別の客からの苦情を受けて警備員が数度にわたって注意していた。