NTTドコモがまとめた29日午後3時時点の人出は、全国の主要駅や繁華街計95地点のうち6割超に当たる63地点で、4都府県に緊急事態宣言が発令される前の日曜18日から減少した。4都府県では計20地点のうち16地点で減少した。ただゴールデンウイーク(GW)が始まり、東京・羽田空港第2ターミナルなど4地点で増加した。

 新型コロナ感染拡大前(昨年1月18日~2月14日)の休日平均からの増減率を18日と比較した。

 4都府県では、京都・四条河原町付近が18日は30・0%増だったが、29日は30・0%減となり60ポイント下がった。