広島県警は29日までに、スポーツ用品店で野球のグラブを盗んだとして、窃盗の疑いで、いずれも富山市小杉で無職の豊田元樹容疑者(29)と平野愛夢容疑者(22)を逮捕した。県警によると、豊田容疑者は「全国50件以上の店で何百個も万引した」と供述、平野容疑者は「売って生活費に充てた」と話しているという。逮捕は28日付。

 2人の逮捕容疑は、共謀して昨年12月20日午後1時ごろ、広島県福山市のスポーツ用品店で野球用グラブ2個(5万7590円相当)を万引した疑い。

 同月中に店から被害届を受けた県警が、防犯カメラの映像などから2人を特定した。