ロッテは一回にマーティンの10号2ランと井上、高部の連続適時打で4点を先行し、五回に安田の犠飛で1点を加えた。岩下が6回を4安打2失点で3勝目を挙げた。西武は伊藤が乱調で一回を投げ切れず降板。再び勝率5割を切った。