民間企業の今夏の1人当たりボーナスは前年比1~3%程度減少するとの予測を民間のシンクタンクなど6社が29日までに公表した。新型コロナウイルス感染拡大による経営への影響が長期化しており、昨年の冬に続く減少を見込んだ。ボーナスが減額になれば、個人消費に打撃となりそうだ。

 従業員5人以上の企業を対象に、厚生労働省が公表している毎月勤労統計調査を基に推計した。減少率は大和証券が3・9%減と最も大きく、みずほリサーチ&テクノロジーズが1・3%減と最小だった。2020年夏の実績は0・5%増、20年冬は2・6%減だった。