三菱航空機(愛知県豊山町)が3月に1350億円あった資本金を99%減資し5億円としたことが29日、分かった。凍結した国産初のジェット旅客機スペースジェット事業に関連する損失の穴埋めに充てた。

 三菱航空機は、親会社の三菱重工業のほかにトヨタ自動車や三菱商事などから出資を受けている。1350億円あった資本準備金も取り崩してゼロにし、資本金と同様に損失の補填に充てた。

 三菱航空機は当初2013年の初号機納入を目指したが、開発が難航し納期を6度延期した。20年3月期決算では、純損失が5269億円と過去最大の赤字を計上。三菱重工が同年10月に事業の凍結を発表した。