【北京共同】中国は29日、独自の宇宙ステーション「天宮」の建設に向け、中核となる居住区部分を打ち上げた。2022年ごろに完成させる計画で、中国が目指す「宇宙強国」の確立への大きなステップとなる。

 中国南部の海南省にある発射場から29日午前、大型ロケット「長征5号B遥2」に搭載して発射した。居住区部分は計画通りの軌道に入った。

 今後、飛行士や物資を乗せた宇宙船を打ち上げて組み立てを進める。実験室を備え、宇宙関連の研究を進める。

 中国は初の火星探査機も打ち上げるなど、宇宙開発を強化している。