気象庁は29日、東日本から北日本の太平洋側では30日にかけ、雷を伴った大雨の恐れがあるとして警戒を呼び掛けた。前線や低気圧に暖かく湿った空気が入る影響で大気が不安定になると見込まれ、土砂災害や河川の増水、低い土地の浸水に備えを求めている。西日本も寒気のため、落雷や突風に注意が必要だ。

 気象庁によると、29日は前線を伴う低気圧が九州の西から東日本へ移動。30日には発達しながら三陸沖を北に進み、北海道を通過する。低気圧の西側には強い寒気が入る見通し。

 30日午前6時までの24時間予想雨量は、いずれも多い所で東海250ミリ、関東甲信150ミリ、東北100ミリ。