丸川珠代五輪相は28日に行われた東京五輪・パラリンピックに関する5者協議で、開閉会式の参加選手数の削減を具体的に検討するよう、国際オリンピック委員会(IOC)に要請したことを明らかにした。式典は待機する選手の密集が発生しやすいとし、新型コロナウイルス対策の観点から、削減が不可欠との認識を伝えた。協議終了後、報道陣に明らかにした。

 開閉会式の参加選手数削減については、コロナ対策と簡素化の観点からこれまでも議論はあったが、丸川氏は「具体的に検討されたと聞いていない」とし、より詳細な検証を求めた。

 大会に参加する関係者の数の削減についても改めて依頼した。