東京五輪の聖火リレーは28日午後も鹿児島県で続き、種子島から九州本土に戻った聖火は薩摩半島を南下した。伊佐市では「東洋のナイアガラ」と呼ばれる曽木の滝付近でトーチをつないだ。南九州市は知覧特攻平和会館前からスタート。県出身の俳優、上白石萌歌さん(21)は笑顔で走った後「皆さんに勇気や希望を与えたいと思っていたが、応援してもらい、反対に元気づけられた」と感謝した。

 タレント恵俊彰さん(56)が県内の最終ランナーとして指宿市でゴールした。

 日置市のゴール地点では、地元の行事「妙円寺詣り」にちなみ、1964年と同様、伊集院小の児童らが紙のよろいを着て出迎えた。