【北京共同】中国外務省の趙立堅副報道局長は28日、葛飾北斎の浮世絵を模倣した絵で東京電力福島第1原発の処理水放出問題を皮肉った自身のツイッター投稿について「絵は正当な民意と正義の声を反映している。日本政府は誤った決定を撤回し謝るべきだ」と正当化した。また、投稿が目立つように最上位に固定したと説明し、日本外務省の抗議や削除要請に応じない姿勢を示した。

 趙氏は記者会見で「日本の誤った決定が先で、われわれの抗議が後だ。日本は悪いことをして、さらに他人に発言もさせないのか」と非難。中国だけでなく多くの国の人々が懸念と反対を表明していると強調した。